むずむず脚症候群とダイエット

こんにちは、みうらマッサージ治療院の院長です。


みなさんは、「むずむず脚症候群」という病名を聞いたことがありますか?


なんだかふざけた名前ですよね(笑)。


しかしこれ、正式な名称ではないものの、一応はお医者さんも使っている病名なんです。


どういうものか、Wikipediaから引用してみますね。




"自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。"

https://ja.wikipedia.org/wiki/むずむず脚症候群 より引用




つまり、寝ようとすると主に脚に「ムズムズ感」をはじめとする、いたたまれない感覚が生じるという病気です。


原因ははっきりしておらず、脳のドーパミンの低下や、鉄分の不足などが有力視されているとか。


日本では、潜在的な患者が500万人程度いるのではないかと推定されています。



さて、私院長、どうやらこれを発症してしまったらしいのです。


眠ろうとしてベッドに横になると、膝から下がどうもムズムズするんです。


表現しようのない、不快な感覚です。


そして、眠れない。


私の場合、眠りに入りそうなタイミングで、脚がビクッと痙攣したりもします。


そして、眠れない。




こうなるとイライラするし、眠らなければいけないプレッシャーで余計に目が冴え、本当に眠れなくなるのです。


こういったことが何日も続き、ベッドに行くこと自体が嫌になってしまいました。


私はお酒が飲めないので、酔って眠ることもできません。


そこで、お腹を満たせば眠れるのでは?という単純思考に至り、真夜中に炭水化物を食べまくるという暴挙に出てしまいました。


深夜2時過ぎのインスタントラーメン、卵かけご飯、シリアルの牛乳かけ。


そして、この満腹作戦が成功し、眠れるようになってしまいました。




こんな生活が良いわけがありません。


体重は増えるし、足はむくんでくるし、寝起きもすっきりしないし。


どんどん不健康になっていく気がしました。


そしてある日、足の裏に違和感を覚えました。


足の裏に、何かが貼り付いている感じがしたのです。


あれ?ティッシュでもくっついたかな?と足の裏を触っても、何も付いていません。


しばらくすると、また何かが貼り付いている感じがします。


しかし、何も付いていない。



私は、これが神経の異常からくるものだと直感しました。


この症状で一番怖いのは、糖尿病性神経障害です。


あんな食生活をしていたら、糖尿病になってもおかしくありません。


恐ろしい。


糖尿病は嫌だ!心からそう思いました。




そして私は、ダイエットを決意しました。


以前も、鶏の胸肉と野菜を煮込んだものに、ごく少量のご飯というメニューでダイエットをしたことがあり、これを再開することにしました。




まだ初めて1週間程度ですが、体は軽い感じがします。


そういえば、むずむず脚も出ていません。



みなさんに偉そうに健康を語るくせに、自分の体はいい加減なのでは、マッサージ師失格ですね。


これからしっかり食の管理をして、健康体に戻そうと思います。




ちなみに、私が食べているメニューは、ボディビルダーの間で人気のある「沼」というものです。


興味がある方は、こちらの動画を見てみてください(^^)。

YouTube/【500万回再生!】究極の減量食「沼」を大公開!

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示