「頭痛くらいで・・・」とか言うな!



【ほんとうに辛い「頭痛持ち」さん】


こんにちは、みうらマッサージ治療院の院長です。


頭痛でお悩みの方の数は、全国に3000万人とも4000万人とも言われます。

もはや国民病です。


「頭痛持ち」という言葉がある通り、日常的に頭痛の発作を繰り返す方も数多く、その一方で、社会的には「頭痛ぐらいで大げさな」などと、その辛さが理解されにくい病気でもあります。


私自身が「頭痛持ち」でしたからよくわかりますが、頭痛によって生じる仕事や家事のパフォーマンス低下は、とても大きいものです。


「頭痛ぐらいで・・・」などという言葉は、その辛さを経験していない人の言うある種の暴言だと、私は思っています。


飲みたくないのに、毎日鎮痛剤が手放せない、休日なのに頭痛で外出もできないなど、頭痛持ちさんは苦労が絶えませんよね。




【頭痛とマッサージ】


頭痛には、マッサージによって改善が期待できるものと、そうでないものがあります。

たとえば、有名な「片頭痛」は、マッサージが逆効果になる頭痛です。

市販の薬も効きにくく、吐き気を伴うこともあるので、厄介です。


一方、肩こりや首こりとセットで起きる「緊張型頭痛」はマッサージで改善が期待できます。




【それ、本当に片頭痛?】


病名を診断するのは医師の仕事ですので、当院では病名を決定するようなことはいたしませんが、医師の診断を経ずに、ご自分で「片頭痛です」と言ってくる方、実は多いんです。


でも、お話を伺ってみると、必ずしも片頭痛ではないような・・・。


たとえば、片頭痛と緊張型頭痛を両方持っている方は少なくないのです。


片頭痛にマッサージは禁忌ですが、緊張型なら効果が見込めます。

まずはその見極めを、きちんとしなければいけません(日本頭痛学会のガイドラインや、日本頭痛協会の頭痛講座が参考になります)。




【頭痛で困ったら】


慢性的に頭痛を繰り返す場合には、一度、病院の頭痛外来にかかった方がいいかもしれません。


頭痛には、重篤な病気のシグナルとなるものもありますので、場合によってはMRIなどの画像診断を受けておくと安心できます。


肩こりや首こりから来る頭痛は、マッサージで解決できる可能性があります。


みうらマッサージ治療院でも、慢性的な頭痛から脱出するお手伝いをさせていただいています。


他の鍼やマッサージの先生方も、治療対象としていると思います。


ですから、薬を飲みたくない、病院に行きたくないという方は、ぜひお近くの鍼灸マッサージ院に相談してみてください。


その際、ご自分の頭痛のパターンを把握されていると、解決への近道となります。


場合によっては「一度病院に行ってみてください」と言われる場合も出てきますが、症状のパターンはとても大切です。


慢性頭痛をお持ちの方は、ぜひご自分の頭痛をよく観察してみてくださいね。


どういうときに、頭痛になるのか。

天候や気温、食事や運動、あるいは仕事の内容など。


何をすると楽になるのか。

お風呂に入ると?

運動すると?

明るいところと暗いところでは?


頭痛に伴って、同時に現れる症状はないか。

臭いに敏感になるとか。

目がチカチカするとか。

耳鳴りがするとか。


手がかりが多ければ、解決も近くなります。


「頭痛ぐらいで・・・」なんていうストレスフルな言葉に傷つけられずに済むよう、頭痛生活から一刻も早く抜け出しましょう。


ぜひ、ご相談くださいね。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示