「マッサージじゃなくて整体なんですよ」

 常総線新取手駅から徒歩10分、住宅街の中の静かな治療院、みうらマッサージ治療院のよう院長です。


 医療リンパドレナージュ(DVTM)の研修も終わり、ようやく一段落しました。

 DVTMの話は、いずれ書こうと思います。


 さて、タイトルの言葉ですが。

 これ、ある営業さんに言われたんですよ。

 ネット集客関係の営業さんに。



 そもそもその営業さんの電話で、「先生の治療院のサイトが、取手市の手技関連サイトの中で一番反響率が低い」という一言から始まったんですけどね。


 私も、以前は自院のアクセス数とか順位とか気になってたんで、ちょいちょいチェックしてたんです(最近してない)。


 で、Googleでの表示順位も見てたんですけど、その頃はいろいろ頑張ってたから、そんなに低くなかったんですよ。


 それなのに、その営業さんは、取手市で最下位だと言う。

 おかしいな、と思って、話を聞くことにしたんです。


 営業後の時間帯に来ていただいて、お話をうかがいました。


 彼が言うには、Googleで検索しても、私の治療院のサイトは全然上がってこないのだと。

 これでは、やっている意味がないと。


 そこで私、言いました。


 いやいや、私もチェックしてますけど、7番目か8番目に出てきますよ?

 何かの間違いじゃないですか?



 すると、彼は言いました。


 「先生、Google、検索ワードは何にしてます?」


 私は答えました。


 「取手市 マッサージ ですけど」



 そこで、彼が言ったのが、タイトルの言葉なんです。



 「先生、申し訳ないですが、今どき、『マッサージ』で検索する方、いないですよ。体がつらくて検索する人は、『マッサージ』じゃないです。『整体』です」



 けっこう、ショック受けました(笑)。

 

 彼は続けました。


 「マッサージという言葉で検索する人は、リラクゼーション的な目的か、もう少し違う目的の人ですよ」


 「先生が来てほしいと思っている、体がつらくて困っている人が使う検索ワードは、整体です!」


がーん!



そうなのか。


今どき、マッサージは意味が違うのか。


たしかに、マッサージで体を治す、というイメージではないのかもしれない。


どちらかというと、温泉場で一杯飲んで浴衣着て、部屋に来てもらうのがマッサージさんなのかもしれない。


もしくは、夜の街で声をかけられて、フラフラと着いていってしまうのがマッサージなのかもしれない。


 そんなことを考えていたら、だんだん悲しくなってしまったのですが、いやいや、ここはマッサージ治療院。


 整体がメインではありません。そこはぶれないぞ、と。



 しかし、ネットで広告するのであれば、検索ワードは超重要です。


 彼が言う通り、「整体」という言葉も意識しなければいけないのでしょう。


 これからはちょっと考えて、整体という用語も使っていこうと思いました。


 ちなみに、当院の患者様の9割は、口コミとご紹介で来ていただいています。


 ネット経由はほぼゼロなのですが、将来的にはそこが課題になるでしょう。


 いずれ、対策しようと思います。


16回の閲覧

最新記事

すべて表示