梅雨明けと不定愁訴



こんにちは、院長です。

今年は梅雨が長引きましたね。

日照不足で多湿なので、お野菜も高値になっているようです。




このような陽気でしたので、当院には頭痛、倦怠感、肩こりなどの体調不良でお越しになる方が多くいらっしゃいます。




このように、


・だるい


・体が重い


・疲れが抜けない


などの「なんとなく体調が悪い」症状を不定愁訴(ふていしゅうそ)と呼びます。




不定愁訴は、病院では相手にされないことも多いです。




なぜかというと、画像診断でも血液検査でも異常が出ないから。




数値や画像で異常が出ないことに対して、病院の治療は無力であることが少なくありません。




そういうときには、マッサージや鍼灸を試してみていただきたいと思います。




低気圧や気温の急変動などに影響を受けて、自律神経がバランスを崩すことなどによって、不定愁訴が起こると考えられます。




それに対し、マッサージで体の緊張をとり、血流を改善することで、症状を緩和することが期待できます。




病院の悪口を言っているのではありません(笑)。




なにごとも、得意、不得意があると言っているのです。




マッサージが初めての方にも、きちんとご説明し、質問もお受けし、安心して施術を受けていただけるよう、心がけています。




18歳未満の方は、初診時、保護者の方にご同席いただいています(セクハラなどのトラブルを避け、双方が納得・安心して治療に臨むためです)。




「なんとなく」の不調にお悩みの方。

それが続いている方。




ぜひ一度、相談だけでもしてみてください。

意外と簡単に、楽になるかもしれません。




お待ちしています。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示