治療院における物販について(2)

取手市の「え?こんなところにあったの、知らなかった!」と言われるマッサージ専門治療院、みうらマッサージ治療院のよう院長です(^^)。


前回は、当院の物販についての考え方をお伝えいたしました。


今回はその続きです。



私は、当院で販売している商品をおすすめするとき、必ず


「Amazonや楽天、または近くのドラッグストアなどでも買える」


という情報をお伝えします(買えないものはお伝えしませんが)。


Amazonは価格が安いですし、配達してくれますので、買いに行くのが困難な高齢者にはとても便利です。

税金を払っていないのは納得できないですけどね(笑)。



同じ商品を買うなら、少しでも安く手に入った方が助かるでしょうから、その場で通販価格を調べて伝えたりもします。


「いま、Amazonだと、送料込みで◯◯◯円だよ」


とか


「息子さんとか、Amazonプレミアムとかやってないの?そしたら送料分も安くなるよ」


とか。


とにかく買う側の視点でおすすめするのが大切だ、といつも思っています。



先生は商売っ気がないねえ、とよく言われますが、これは自衛のためでもあります。



どういうことかというと、いわれのない悪評を避けるためです。



たとえば、一人暮らしの母親のところに、息子さんが帰ってきたとします。


すると、見慣れない健康器具がある。


子 : 「お母さん、これどうしたの?」


母 : 「マッサージの先生に勧められて買ったんだよ」


子 : 「いくらで買ったの?」


母 : 「2500円くらい」


子 : 「え?それって高くない?Amazonで調べてみるよ」


母 : 「高いのかねえ」


子 : 「ほら、Amazonだったら1,500円で買えるじゃん。母さん、ぼられたでしょ!」


ネットでは価格が頻繁に変わりますし、当院の仕入先はAmazonではありませんので、価格が違うのは当然です。



しかし、離れている親が心配な子は、親が悪い人にだまされるんじゃないかと、心配でしょうがない



だから、上のようなやり取りは十分にありえるんです。


オレオレ詐欺など、老人を食い物にする悪い奴らがたくさんいることを、お子さんたちは知っていますから。


実際、当院の患者さんの中には「買い物すると子供に怒られる」とおっしゃる方もいらっしゃいます。


当院が一番大切にしているのは、手技による治療であり、信頼です。


良い商品は販売しますが、信頼と引き換えにするくらいなら、売らない方がいい。


ですから、他に手に入るルートがあるものなら、そちらで買っていただいてかまわないんです。


もちろん、私が個人的に輸入して販売するようなものもありますので、そういう手に入りにくいものは別です。



最終的に、患者さんの健康のためになって、当院の信頼が損なわれない範囲で物販は行おうというのが、当院の方針です。



それから、入り口の目立つところに物販コーナーを大々的に展開している治療院は、だいたい評判悪いです(笑)。

そういうところの商品、患者さんは「売りつけられた」って言います。

そうはなりたくないです(笑)。


お互いに気持ちよく販売できるようにしたいですね。

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

最新情報