腱鞘炎とエクオール

最終更新: 2019年7月13日

こんにちは。 茨城県取手市、新取手駅徒歩10分の、みうらマッサージ治療院院長です。


あなたは、エクオールという物質をご存知ですか?

エクオールは、人の体内で腸内細菌によって作られる物質で、女性ホルモンに似た作用を示します。


同様の物質に、イソフラボンというものがありますが、エクオールはイソフラボンから作られます。


実は、イソフラボンが女性ホルモン類似の作用を示すのは、エクオールに変化してからなのです。


つまり、イソフラボンが腸内細菌によってエクオールに作り変えられて、そこではじめて効果があらわれるというわけ。



イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを示すとされ、

・更年期障害の緩和

・骨粗鬆症の予防

・乳房を大きくする作用

などを期待しての摂取が有名です。


これらは、イソフラボンそのものではなく、エクオールに変化してからの効果です。


ところが残念なことに、イソフラボン→エクオールの変化に必要な腸内細菌を持っていない人が、日本人の半分程度いらっしゃいます。


「イソフラボンのサプリ、効かなかったわー」という方は、必要な腸内細菌がいない方かもしれません。


そういう方は、エクオールのサプリメントならば、効果があるかもしれません。



そして、多くの高齢女性がお悩みの、腱鞘炎や手根管症候群、ヘバーデン結節などの手指の症状にも、女性ホルモンの減少が関係しています。


つまり、これらの症状にも、エクオールの効果が期待できるというわけです。


当院には、腱鞘炎、ばね指、手根管症候群などの患者様が多数お見えになっています。

施術により改善する方が多いですが、改善に時間がかかる方もいらっしゃいます。


そういう方には、エクオールのサプリメントの併用をオススメしています。


また、2019年10月には、管理栄養士さんを招いて、エクオールやイソフラボンについての勉強会(健康教室)を開催する予定です。


決定次第、当ブログにてお知らせしますね。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示