院長、謝罪します。

最終更新: 2018年4月9日

新取手・みうらマッサージ治療院のよう院長です。

5月の開院を目指して、鋭意準備中であります。

最近、アニサキスのニュース、多かったですよね。

アニサキスは本来、海棲哺乳類を最終宿主とする寄生虫なので、人の体の中では長く生きられないんです。

だから、人の胃に入った時に「あれ?何か違うぞ?居心地悪いぞ?」ってことで、胃に穴を開けて逃げようとするんですね。

それが激痛なわけ。


でもね、人の体の中では長く生きられないわけだから。

我慢してれば、そのうち死んじゃって、痛みも消えるでしょって、ニュースを見るたびに思ってたんです。

なんだよ、根性なしだなあ、なんて。


申し訳ない。

根性なしだなんて言って、まことに申し訳ない。

あれは、耐えられる痛みではございませんでした。

断末魔のアニサキスが、自らを喰らった人間に対して一矢報いてやろうと繰り出す最後の攻撃。

私の人生で上から数えて何番目かの痛みでございました。


あれは、2月の下旬のことでした・・・(次回へ続く)


12回の閲覧

最新記事

すべて表示

最新情報