K先生への手紙

K先生、在学中はお世話になりました。

おかげさまで開業し、ひとり治療院で頑張っています。

先生は「臨床」という言葉がお好きで、シラフの時も泥酔の時も、つねに「臨床」の話をされました。先生の戒名には「臨」と「床」の文字を入れたら良いと思うほどです。




開業して、「先生」と呼ばれるようになり、改めて先生がおっしゃった「臨床」の意味を考えています。

患者さんは、ひとりとして同じ身体、同じ症状の方はいらっしゃいません。

来院された方、おひとりおひとりを診て、お話を聞いて、触れて、そこで「さあ、どうする?」と問われます。



知識だけでは対応できません。

古い経験だけでもうまく行くとは限りません。

インスピレーションも大切ですが、それがすべてではありません。



全部、そう、私の全部が臨床につながっているのだと、やっとわかってきた気がします。

そう言うと先生は、きっと「まだまだだな」と笑うと思いますけど。



治療家が10人いれば10人の臨床がある、と教えていただきました。

最終的に、患者さんがよくなればいい、その方法はいくらでもある、そう教わりました。

私は、私にしかできない臨床を探していきます。

本当に、患者さんから教えていただく毎日です。

これで終わりということは、ありません。




先生が酔っ払いながら「臨床はいいぞぉ」と笑ったお顔を私は忘れません。

私も、ああいう風に笑いたい、そう思いながら日々、臨床に立ちます。





(あ、K先生亡くなってないですからね。なんか追悼文みたいですけど(笑))




ちょっと空き時間に先生を思い出したので、書きました。

これからもご指導をお願いいたします。


31回の閲覧

最新記事

すべて表示