未病

常総線新取手駅から徒歩10分、みうらマッサージ治療院のよう院長です。

今日はご近所のおうちに開院あいさつのお手紙をお配りしたり、パンフレットを作ったりと忙しくしておりました。

先日お見えになった腱鞘炎の患者さんが、調子が悪くなる前に、ということで再訪してくださいました。

何事もそうですが、後手に回ると苦しくなりますね。

腱鞘炎に限らず、身体の不調は、何かしら前兆があって、それを見逃すと症状が悪化。気づいたときにはけっこう大変なことになっていたりします。




ですから、そうなる前に、「あれ?ちょっと痛いかな」くらいのときにメンテナンスできればいいのですよね。まあ、それがなかなか難しいのですが(笑)。

東洋医学では、この状態を「未病」と呼びます。

健康な状態と病気の状態は、ビシッと線が引いたようには分かれません。

中間に、「あれ?」という状態があります。

これが「未病」。


養命酒様のウェブサイトより引用(https://www.yomeishu.co.jp/mibyou/detail/


病院では、この状態は治療の対象にならないこともあるでしょう。西洋医学は、検査の数値や画像にはっきりと異常が出ないと、治療を開始しませんから。

そこが東洋医学との大きな違いです。

未病を意識して、自覚して、生活習慣を見直したり、食生活を改善したりすることで大ごとにならずにすめば、こんなに良いことはありません。

または、私たちのようなマッサージや鍼、整体などで体調を整えるのも良いでしょう。

未病という言葉、ぜひ覚えておいてくださいね。


とか偉そうなことを言っていますが、私は今、歯科に通っておりまして、なんでもっと早くに歯医者さんに行かなかったのかと、後悔の雨あられであります。

日頃から歯医者さんに行って、歯石を取ったり検査をしたりしておけば、こんなことにはならなかった・・・。


ではまた明日。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示