Bump of Chickenのような・・・

最終更新: 2019年9月26日

弱っている時に聞きたくなる歌ってないですか?


もしくは、落ち込んでいる時にふと耳に入った音楽で、心が軽くなったとか。


音楽って、そういうところありますよね。


心に響くというか、共鳴するというか。



弱っている人を励ますって、実はなかなか難しいと思ってるんですけど。


人によって違うじゃないですか。


「励まされたい方法」みたいなのが。



ガンガン元気づけて欲しい人もいるし、


ただ話を聴いて欲しい人もいるし、


同情して欲しい人とか、


一緒に泣いて欲しい人もいるだろうし。



音楽で言うと、


たとえば、


ウルフルズとかWANIMAとかで、


ウヒョーって元気になっちゃう人もいるし、


EMINEMの壮絶な詩で、


こんなことで負けてらんねーってなる人もいるだろうし、


ゆずとかコブクロで、


ゆっくり癒やされていく人もいると思うんです。


詩なんかいらない、


クラシック最強っていう人だっているだろうし、


やっぱり酒のんで演歌聞いて


泣くに限るわっていう人もいらっしゃる。





で、私の意見なんですが、


私は、Bump of Chickenというバンドが好きでして。


千葉県佐倉市出身の4人組。


幼稚園から顔なじみという、稀有な組み合わせの4人なんですけど。


ボーカルの藤原基央くんが書く詩とメロディが


作り出す世界観が素晴らしいなんて


巷では言われています。



はい、そうだと思います。


世界観っていう言葉はよくわからないのですが、


藤原基央ワールドは確かにある。



私はその魅力を


「圧倒的な寄り添い感」


だと思っています。



後ろから押すのでも、


前から手を引っ張るのでもなく、


適度な距離を保って


そう、適度な距離を保って(大切なことなので二度言いました)


寄り添ってくれる感じ。


これが私が思うBump of Chickenの魅力。



聞いたことない人には伝わらないだろうなあ(笑)。




寄り添ってくれる存在って、


とっても大切だと思うんです。


弱っているときには特に。


余計なこと言わなくていいから(笑)一緒にいてくれる。


私はそういう感じがすき。



だから、


私の治療院も


そういうふうでありたいなと。



大丈夫ですよ、治りますから、私が治しますから任せてください!そんなに心配したって始まらんですよガハハハハハハハ、


みたいなのでも


うんうん、わかるよわかる(泣)、大変だったね辛かったね一緒に頑張ろうね、私も頑張るよ(号泣)、


みたいな感じでもなく



もっとニュートラルで


自然で


いないかなと思うと、あれ?いた!みたいな。


(いや、治療はガチでやってますよw!)



伝わるかなあ(笑)。



体のことや心のことでお困りの方が


うちにはいらっしゃるわけですから。



藤原くんが書く歌のように


寄り添い続けられる治療院を


私は目指したいと思っているのです。



伝わるかなあ。





Bump of Chickenを聞いたことがない方には、


とりあえずこの曲をオススメしておきます。


「HAPPY」

https://youtu.be/RwCl11tyWP0





23回の閲覧

最新記事

すべて表示

最新情報